トップページ

サイバーバイオメカニクスとは

 サイバーバイオメカニクスは、“力”と“動き”の特徴を明らかにする学問(Biomechanics) 研究の知見をもとに、コンピュータ(Cyber)でシステムを開発しております。まず、サイバーバイオメカニクスの開発した第一弾として「CPRフォーム教導システム」のレンタルサービスの提供を企画しております。

※提供につきましては企画準備段階のため、レンタルサービスの開始時期は未定です。

CPRフォーム教導システムとは

 毎年、7 万人以上が日常生活で心停止の危機に見舞われています。そのような危機を目撃した時、「救命の連鎖」の開始点で重要なことは、第一に心停止の早期認識と通報する市民の意思決定と行動ですが、市民が心停止者に対して実施する心肺蘇生法(以下 CPR)の正確な姿勢の実技教育が確立していません。この課題へのアプローチとしてサイバーバイオメカニクスは、最新のセンサーカメラ(マイクロソフト社のAzure Kinect DK)を用いて、正確な姿勢の評価と教導を支援するシステムを開発しました。センサーカメラ2台を用いることで、正面からの上肢姿勢の検知・評価に加えて、側面にもセンサーカメラを設置することで・下肢の姿勢を検知・評価も可能になり、結果、CPR訓練時の全身の姿勢を検知・評価が可能です。また、コロナ禍の訓練に対応するため、システムの起動・終了には音声認識で非接触の操作が可能です。

システムデモ動画

  •   デモ動画1    デモ動画2
  • レンタルサービスのご利用につきましては、『サービス』のページをご参照ください。

ニュース

» 続きを読む